丸山虎ノ門法律事務所

TOP > マルトラ経営者相談所 > 知的財産権事件の取り組み

知的財産権事件の取り組み

 当事務所は、協力事務所とも連携しながら、主として、中小企業の開発、製造過程における知的財産の発掘、権利化、契約交渉、侵害からの保護を中心に業務を行っています。
 メーカーの場合、日々の開発、製造工程において、性能の向上、品質・信頼性の向上、多機能化、低価格化、小型化、歩留まり率の向上など、常に、何らかの改善をする努力がなされているはずです。日々の開発、製造工程において、他社にはない独自の物、方法、デザインを考えたときには、その発明・考案等が、場合によっては大きな財産的価値のある権利になる可能性があります。ですから、他社にはない独自の物や方法やデザインを考えたときには、特許権や実用新案権や意匠権に権利化することができないか、検討することが大切です。
 特許出願等(権利化)の依頼を受ける側としては、その技術分野の従来技術を理解することが重要です。当該分野の従来技術を理解できれば、発明を発掘することは比較的容易になります。経験したことのない技術分野を理解することは困難ですが、依頼者から発明の相談があったときには、できるだけ、開発現場や製造現場を訪れ、文献を読み、当該分野の従来技術を理解することに心がけております。


前のページへ戻る ホームへ